朝食を食べて健康的にダイエットをしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをしようと思い、食べるのを控えて、しっかりと運動して、と考えてはいませんか。しかしそれはかえってリバウンドになって太ってしまったり、体調を崩したりすることがあります。

ではどのようにしなければいけないのでしょうか。また健康的にダイエットをするためには、朝食を取ることなのですが、それはどういう事かみていきます。

朝食とダイエットの関係性とは

ダイエットをしようと思ったときには、まず朝食をしっかりと食べなければいけません。ここで朝食を食べるということはかえって太ってしまうのではないのと思う方がおられます。しかし、朝食をしっかりと食べることによって、むしろ体はダイエットに適した体になってくるのです。

もし朝食を抜いて昼と夜だけ食事をするとなると、既に体は栄養素を貯めようと思い、余計に太ってしまう原因になります。3食バランスのとれた食事をとるということは大切だということがわかります。

また、朝食をしっかりと取るということは、その日一日のエネルギーを朝にとることになりますので、元気に一日活動することができます。そのことによりカロリーも消費されるということになりますので、朝食をしっかりと取るということは大切だということになります。

やっぱり朝食抜きは健康には良くなかった

朝食を抜くことでどういうことが起こるのかということですが、まずは食べ物をしっかりと食べないと、排便することができません。つまりからだの中が一定のリズムを保てなくなってしまいますので、この点からしても良くないという事がわかります。

また、食べないとエネルギーをとらないことになりますので、午前中から力がわかず、体を動かさないということになります。つまり、カロリーを消費できないことになりますし、昼になってお腹がすくのでいつも以上に食べてしまい、余計に体にエネルギーを蓄えてしまうことになるます。

そうなると余計に太りやすい体になってしまうのです。ですので、朝食はしっかりと取ることがダイエットには必要ですし、健康によくないことがわかります。

朝食を食べた方が良い人はこんな人

体がもともと弱い人は、しっかりと朝食をとらなければいけませんし、学生ならば、授業を受けたり、体育の授業などで体力を使ったりすることもありますので、若いうちはしっかりと取らなければいけません。

また女性の場合は必ず朝食をとって、健康的にダイエットをしなければいけません。それは朝食を抜くと体調不良になるのはもちろん、生理不順になったり、便秘になったりと繋がってきますので、しっかりと朝食をとることが健康に良いというのはもちろん、自分の体を守ることにもなります。

健康的にダイエットをするのはもちろん、誰でも共通していえることなのですが、特に生まれつき体の弱い方や若い人、女性には朝食を食べた方が良いといえます。

朝食は好きな物を食べて元気よく1日を始めよう

朝食をとると朝からカロリーをたっぷりとるのはよくないと考えてしまいがちです。しかし、朝食は好きなものを沢山食べて、元気よく1日を始める方が良いといえます。自分の好きなものを朝から食べるとなると、気分もよくなりますし、しっかりと食べることによって、便通も良くなるといえます。

また、しっかりと食べていますので、元気よく午前中を過ごすこともできますし、午後も一生懸命頑張ることができるでしょう。朝食をしっかりと食べている分、昼ご飯も普通に食べることができますので、バランスよく食生活を過ごすことができます。

朝食をとるといっても、食べ物を制限して我慢してスタートするのではなく、朝はできるだけ好きなものを食べて気分良くスタートする方が良いといえます。

朝食を食べるとこんなに良い効果が

朝食をとることのような効果があるのでしょうか。まず、朝食を食べることによって、体の中の機能を目覚めさせます。ですので、これから1日しっかりと頑張っていくための栄養を取れると、体の中が活発化してきます。

胃も腸もしっかりと動きますので、リズムよく排便をすることになりますし、体が目覚めますので、すぐに動き出す事も可能になってきます。また体を動かすだけではなく、同時に脳も動き出しますので、どんどんと良い循環になってきます。

このように朝食を食べると、すべての機能が動き出し、勉学に励む人は集中力も出てきますし、仕事をしている人はどんどんと仕事をこなしていく事ができます。したがって、朝食をとると、良い効果が生まれるといえます。

朝食メニューの基本とは

朝食のメニューとしては、炭水化物をしっかりと取るという意味で、和食ならばご飯、洋食ならばパンをいただくと良いでしょう。そこに水分として、お味噌汁やミルクなどを飲み、副食として魚などを食べるのが理想的です。

洋食の場合ならばスクランブルエッグでもいいですし、ソーセージなどをつけて食べるのも元気が出ていいでしょう。さらに、和食ならば納豆、洋食ならばヨーグルトなどを食べるのも非常に良いといえます。

朝食メニューの基本としては、できるだけ多くの食材をバランスよくとることを覚えておくと良いでしょう。一つのものだけを沢山食べるよりかは、いろいろなものを少しずつ食べていくという方が、体にとっては良いといえますし、ダイエットにはよいでしょう。

ダイエット中におすすめの朝食メニュー

ダイエット中におすすめな朝食メニューとしては、栄養バランスがしっかりと取れたものが良いといえます。ですので、シリアルに牛乳をかけて食べるとバランスよく栄養を取ることができます。またヨーグルトにフルーツをまぜて食べるのも良いといえます。

他にもバナナなどは栄養素が非常似豊富ですので、そのまま食べ、飲み物として牛乳などを摂取するのもいいですし、野菜などをミキサーにかけたスムージーなども栄養バランスもあって、しっかりと栄養をとることができますので、よいのではないでしょうか。

野菜を中心とした朝食にすれば、ダイエット中にはおすすめな朝食メニューといえますし、量を多くとることが出来ますので、何よりも無理せず継続して行なうことが出来ます。

朝食にオススメのたんぱく質食材

朝食におすすめのタンパク質食材としては、納豆が挙げられます。納豆はタンパク質の宝庫だと言えますので、これをご飯にかけて食べてもいいですし、そのまま食べても良いのです。

また、納豆が苦手だという人は、豆乳などもいいかもしれません。同じ大豆ですので、たんぱく質をとることができますし、また飲み物ですので簡単に摂取することができます。豆乳だけではちょっと飲みにくいという方は、そこにきな粉をまぜて摂取することも、タンパク質を取る意味でとても良いといえるでしょう。

気軽に摂取できるタンパク質食材としては、やはり大豆関係が一番良いと言えますので、納豆や豆腐、豆乳やきなこが最も適しているといえるのではないでしょうか。

朝食にオススメの低カロリーメニュー

朝食におすすめの低カロリーメニューとしては、普通のおコメを玄米に変えてそれをおかゆとしていただくという方法もあります。そこに野菜などを入れて梅干などを入れると、ちょっとしたアクセントにもなり胃にもやさしく食べることができますし、カロリーも非常に抑えることができますのでおすすめです。

また、ミキサーを使って野菜をたっぷりとその中に入れて作るミックスジュースなども良いといえるでしょう。果物を入れても構いませんし、それを使って寒天などで冷やして固めて食べるのもよいでしょう。

低カロリーですし、栄養分もとれていいのではないでしょうか。また最近ではこんにゃくを使ったいろいろな料理もありますので、それらを利用して朝食に取り入れるとかなり低カロリーなメニューになるでしょう。

朝食と食べるときに注意すること

朝食をとることはとても大切なのですが、その食べ方については注意をする必要があります。いくら朝食をとっても良いといっても、パンばかり食べるのはよくありません。

パンには糖分や脂肪分が多く含まれているのももちろんのことながら、非常に腹持ちが良くないので、それだけを食べるのは良くないといえます。しっかりといろいろな食材をバランスよくとることが大切だといえます。

また、朝は時間がないことが多いのですが、できる限りしっかりとかんで食べるようにしましょう。脳に刺激を与えることや、胃の負担を少なくする意味でもしっかりとかんで食べることが大切です。朝食を食べる時に注意しなければならない点として覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加